カキタクナッタラ

カキタクナッタラ

出力することを忘れないように何かを書きます

避暑地だと思って食べてみた蒙古タンメン中本の「北極ラーメン」で人間ライターになった話

f:id:d3dayo:20170517024307p:plain

せっかく完まくしたのにショボーンなでででーさん(@d3_dayo)です!

今回の記事はスキップにスキップを重ねて、ようやく重い筆?ペン?をとって、じゃなくて打鍵することにした記事です。

なぜにアップする時期をスキップし続けたかというと、こんな、せっかくスープまで飲み干したこと(完まく)に達成感があるラーメンなのに…まさかの完まく後の丼を撮り忘れてしまったからなんですが…(え?別にそんなみたくはないですよね?わかります!)

この辛さは、ぜひ記事としてしたためておきたい辛さではあるので、だいぶ、食べてからの日数が経過してしまいましたが(食べたのはGWなのでけっこう前です^^;)あの衝撃的な辛さを思い出しながら記事をこしらえていこうと思います。


今回紹介する「北極ラーメン」はご存知の方も多いかとは思いますが、なんだかペンギンや北極グマを連想させる可愛らしいネーミングとは裏腹に、随分と凶悪な辛さを誇るラーメンです。まさに記事冒頭に貼り付けておいた画像みたいな様になります。

私はけっこう辛さには強い方なんですが(強いというよりあまり感じない)舌は感じなくても身体はしっかり感じているんですね。これを食べきった後にいろいろと問題が生じましたとも(^_^;)ええ(笑)



関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

お邪魔させていただいたのは新宿にある中本さんです。私の住んでいる街からほど近いところにも中本さんはありますが、やはり新宿の店舗は混んでますね!並んでいました!

普段、並ぶことが大の苦手である私ではありますが「たまには並んだろか!」ということで、少し並んで待つことにしました(^_^;)

ちなみに、今回は辛さに集中しすぎていろいろと撮影が不足しています…〆とかも…


辛さには強いという自負がある私なので、もちろん!食すのは最強の辛さしかありえない!なんて意気込んでいましたが、なんだかすご~く嫌な予感がしたので3倍とか5倍にはせず、普通の北極ラーメンでいくことにしました。それでも温かいラーメンメニューの中では一番辛いのが北極ラーメンなわけで、なんだか食べる前は心が踊っていました(^^)


f:id:d3dayo:20170517020248j:plain

そして、順番待ちの時間を経て→食券を購入して→席に座ってから数分で目の前に姿を現したのが…この赤々しい…全くもって北極っぽくない「北極ラーメン」です。

そういえば、なんで北極ラーメンというネーミングなのか?ということですが、辛さを寒い地方で表して、つまり寒い地方の頂点に立つ北極だから一番辛いという説でよいのでしょうか?最近までこれが正しい由来だと思っていましたが、他の説も見かけたので何が正しいのか?少し気になっています。


さて、せっかくなので中本HPに記載されている北極ラーメンの説明書きを引用したいと思います。

辛さは最高点の中本が誇る珠玉の逸品。かつては裏メニューでした。最初はその辛さに参ってしまいますが、慣れると辛さの奥にある旨みが感じられ最終的には辛さすら感じる事なく「甘さ」を感じ、その時点でこの世界から抜け出す事ができなくなります。先代中本氏曰く「北極ラーメンは辛さをストレートに味わう物」との事でトッピングも最小限にしたそうです。
全ラーメンメニューで北極ラーメンのみ最初から大盛と同じ麺の量(1.5玉)なのでご注意ください(麺大盛にすると通常の麺特大と同じ量になり「麺特大」は購入できません)。それ以上の量をご希望の場合は「北極ジャンボ」となります。
北極ラーメン 蒙古タンメン中本の道


f:id:d3dayo:20170517021554j:plain

ではでは、ちょっと恐怖すら覚える色味をしているスープですが、さっそくズズズッといってみますか。

一口飲んでみた率直な感想は、舌にピリピリとした刺激はくるものの、辛いという感じはそこまでありません。これはやせ我慢とかではなく、私の舌は辛味に対して、本当にちょっと鈍いというか、味を繊細に感じ取れるスマートな舌は持ち合わせていないので、けっこう本当にスイスイとスープが飲めてしまいます。


f:id:d3dayo:20170517021848j:plain

そして、お次は麺です!とりあえず…唐辛子がものすごく麺に絡んでますね(笑)これもズルズルズルっとすすっていきますが、辛さはまあ大丈夫です。純粋にラーメンとしてみたら、麺の感じはどうだろう…?

辛さを正確にキャッチして、味覚として脳に伝達できない不器用な舌ではありますが、さすがにヒリヒリ感だけはしっかり受け取っているみたいで、今回は全体的に味があんまりわからない状態で食べるという感じでした(これ、実は自覚がないだけで身体にはしっかり効いてるんじゃ…?)


f:id:d3dayo:20170517022205j:plain

さてさて、全体的にペースを落とすこともなく、通常のラーメンとほぼ同じような感じでここまでスイスイと食べたわけですが(汗と鼻水はすごかった)そして、更にこのスープもゴクゴクと飲み干して完まく(完飲)をせっかくしたのに…「この辛いラーメンを水も飲まず食べきったど!ドヤァァ!」という感情が心のどこかにあったのでしょう。すっかり悦に入ってしまって、写真を撮ることを忘れたのです(;_;)

そのことを今日まで引きずって、この記事を書くことを躊躇ってきたわけですが…(なんとなく、その写真がないだけで記事の未完成感がものすごい)


感想はというと!


超余裕


この一言に尽きる!と言いたかったのですが…

このあと、身体に様々な異変(不調)が起きたのです!


腹痛


頭痛


この2つが猛烈に襲い掛かってきて、トイレから出られなくなるわ、頭痛がひどくて動けなくなるわで本当に大変でした(^_^;)

腹痛は超辛いものを食べたからでしょう。そういえば忘れていましたが、私は辛いものを食べるとすぐにポンポンがやられてしまいます。そして、頭痛は血流がよくなりすぎたんでしょうね~。食べてる時から血管を通る血の量が増えているような、血管が膨れ上がっているような感覚はありました。


とても辛いのを楽しむことができたし、全体通して味はハッキリわからなかったものの、後半はほのかな甘味を感じられて美味しいと思いましたが、どうやら!どうやら!私の身体は鈍感な舌とは裏腹に辛いものが合わないらしいですΣ(´∀`;)

つまり、単なる天然の痩せ我慢体質というわけですね(笑)これ、最も危険でアカンやつですやん(笑)


今回は、避暑地だと勘違いして、真っ赤な北極ツアーに出かけたことで、自分自身の自覚がなかった身体のメカニズムを知ることができました。

ありがとうございますm(_ _)m

とりあえず…私は辛いもの食べるのは控えようと思います。

(そういや、しょっちゅう食べた後に体調悪くしていて、実は脆弱だということを知りました(T_T))


これまでに食べたラーメンの記事をまとめています!(だんだん増えてきました)

d3dayo.hateblo.jp



でででーさん
d3dayo.hateblo.jp