カキタクナッタラ

カキタクナッタラ

出力することを忘れないように何かを書きます

【パワポ】Excelで作ったグラフをPowerPointまたはペイントで「画像」にして保存する方法

f:id:d3dayo:20170520113711p:plain

でででーさん(@d3_dayo)のパワポシリーズ始まるよ~!

少しずつ、当ブログで紹介してきたパワポ記事も増えてきました。これまで紹介してきたTIPSはブログ作成にも活用することができそうな、パワポで画像編集をする方法の紹介が多かったと思いますが、パワポ記事に関しては画像編集ブログ作成に役立ちそうという観点だけにとらわれず、私が思うかゆいところに手が届きそうなTIPSを今後もいろいろ書いていきたいと思っています。

こうやって記事としてパワポのことを書くことで、私自身も使う必要性が生じて機能を忘れないですみますし、パワポのことに興味を持って記事を読んでくださる方が、ひとつでも知らなかった機能を持ち帰ってくれれば、ブログ作成に留まらずデスクワーク全般に役立つ操作スキルになると思いますし(*^^*)


まさに一石二鳥!


というわけで、今回もパワポの手順に関することを紹介していきます。まあ、今回も結局は画像絡みのTIPSなんですけどね(^_^;)

Excelで作成したグラフを画像化する

Excelでこのようにグラフを作成した時…

f:id:d3dayo:20170520093539p:plain

一般的にはそのままExcelのシート内で使うことが多いと思います。或いは、提案・報告資料としてパワポのスライドに挿入して使うといった場合もありますが、画像化して例えばブログの記事にグラフを挿入したいと思う時ってありませんか?

さて、そんな時にExcelのグラフを画像化する方法はいくつかありますが、私がよく職場などで見かける方法はこれです。


ペイントを使って画像化する

この記事の本題はパワポを使ってグラフを画像化するということなんですが、この方法も手軽な方法だとは思うので、補足として紹介しておきます(好きなほうで画像化すれば良いと思います)

まず、Excelのシート上で画像化したいグラフをコピーします(グラフを選択して右クリック→メニューからコピーを選択)

f:id:d3dayo:20170520094438p:plain

次にペイントを起動します。ペイントはWindows標準の画像編集ソフトなのでWindowsを使っていれば誰でも使うことができます。もし、最新のWindows 10などをお使いで「ペイントの場所がわからないよ~」という場合には、以下の方法でペイントを起動することができます。


1. Windows画面左下にあるスタートボタン(Windowsロゴのボタン)を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。

f:id:d3dayo:20170520095126p:plain

2. 「ファイル名を指定して実行」の小さい窓が表示されたら「mspaint」と入力して「OK」します。

f:id:d3dayo:20170520095453p:plain:w400

3. これでペイントが起動します。

f:id:d3dayo:20170520095604p:plain


もし、頻繁にペイントは使うからもっとすぐに立ち上げられるようにしておきたいという場合には、このペイントが立ち上がっている状態で「タスクバー」に表示されているペイントのアイコンを右クリックして「タスクバーにピン留めする」を選択します。

f:id:d3dayo:20170520100302p:plain

これで次回からは「ファイル名を指定して実行」からではなく、タスクバーからすぐにペイントを起動させることができるようになります。


さて、ペイントを立ち上げたら先ほどExcelのシート上でコピーしたグラフのデータを貼り付けます。貼り付ける際はペイント上で「Ctrl+V」です。

f:id:d3dayo:20170520100651p:plain

ペイント上にコピーしたグラフデータが表示されるので、あとはデータを保存して画像化します。ペイント画面左上の「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択します。

f:id:d3dayo:20170520101131p:plain

「PNG」や「JPG」など、複数の画像ファイル形式から形式を選んで保存することができるので、とりあえず「PNG」か「JPG」を選択し(サンプルではPNGにしました)データを保存します。

f:id:d3dayo:20170520101505p:plain:w700

以上の操作でコピーしたExcelのグラフデータを画像として保存することができました。そして、下に貼ってあるグラフが実際に今回の手順で画像化したファイルです。

f:id:d3dayo:20170520101622p:plain


パワポを使って画像化する(背景透過のグラフ)

さて、ここからが一応、この記事の本題であるパワポを使ったグラフの画像化です。かかる工数としては先に紹介したペイントで画像化する方法と一緒です(むしろペイント慣れしている人はペイントの方が楽かも…)ただ、パワポだと画像化できるグラフの状態は2種類あります。1つは「背景透過された」グラフ、そしてもう1つは「背景透過されていない」グラフです。

まず最初に「背景透過された」グラフの画像化から紹介したいと思います。


最初に、ペイントの時と同様にExcelのシート上で画像化したいグラフをコピーします(グラフを選択して右クリック→メニューからコピーを選択)

f:id:d3dayo:20170520094438p:plain

次に、パワポのスライドを立ち上げて「Ctrl+V」で貼り付けるとこんな感じになります(今回は状態がわかりやすくなるようにスライドの背景色を白じゃないものにしています)

f:id:d3dayo:20170520102748p:plain

そして、挿入したグラフを右クリックしてメニューから「図として保存」を選択します。

f:id:d3dayo:20170520103000p:plain

保存画面が表示されるので、ファイル形式は「PNG」の状態で保存します(JPGだと背景透過されないので透過したい場合にはPNGで)

f:id:d3dayo:20170520103337p:plain:w700

これでコピーしたExcelのグラフを背景透過の状態で画像化することができました。そして、下に貼っているグラフデータが今回の手順で画像化した背景透過状態のグラフです(記事の背景が白なので目視では透過状態がわからないようになっていますが…)

f:id:d3dayo:20170520103527p:plain


パワポを使って画像化する(背景非透過のグラフ)

次も同じくパワポでExcelのグラフを画像化していきますが、この方法はペイントで画像化した時と同じような「背景非透過」の状態で画像化する方法です。


先ほどまでと同様に、またExcelのシート上で画像化したいグラフをコピーします(グラフを選択して右クリック→メニューからコピーを選択)

f:id:d3dayo:20170520094438p:plain

次に、パワポのスライドを立ち上げて、スライド上で右クリックをして表示されるメニューの「貼り付けのオプション」から一番右に表示されている図(クリップボードと画像のアイコン)を選択します。

f:id:d3dayo:20170520105035p:plain

これでグラフが背景非透過の「図」としてスライドに挿入されます。

f:id:d3dayo:20170520105216p:plain

挿入したグラフは先に紹介した手順と同様に、右クリックしてメニューから「図として保存」を選択します。

f:id:d3dayo:20170520105554p:plain

保存画面が表示されるので、これまでの手順と同様にPCへ画像として保存します(背景非透過のグラフなのでファイル形式は「PNG」でも「JPG」でもどちらでも大丈夫です)

f:id:d3dayo:20170520105846p:plain

これでコピーしたExcelのグラフを背景透過の状態で画像化することができました。そして下に貼っているグラフが今回の手順で画像化したグラフのデータです。

f:id:d3dayo:20170520105945p:plain


おわりに

今回はパワポだけの手順紹介に留まらず、ペイントでの手順も含めて、合計3つの「グラフ画像化」の手順を紹介しました。この手順がブロガーさんにとって活用できそうなシーンを想定すると、たとえば運営報告とか?あとは、記事の中で実施したアンケート結果の発表なんかをする際に、テキストベタ打ちで結果を紹介するよりも棒とか円のグラフにしたほうが読みやすそうなので、そんな時に活用できそうですね!

引き続き、パワポに関するTIPSはブログへの活用や画像編集に引っかけたものだけではなく、純粋にパワポの使い勝手を向上させることができる小技なども紹介していければと考えています(^^)


パワポに関する記事は他にもこんなのもあります!

d3dayo.hateblo.jp



でででーさん
d3dayo.hateblo.jp